このままではなく、これからの話として就職を考える。

 就職に際して、学歴というものが重視されることもあります。また、学歴というものがそれほど重視されないケースもあります。今の世の中はむしろ、学歴より実力が重視される傾向といえます。高卒であれ、既卒であれ、学歴に対してそんなに劣等感を感じる必要はありません。むしろ、高卒の場合は、それだけ早く社会に出て苦労をしてきた、苦労を知っている、というメリットすらあります。

《注目サイト》
既卒の就活におすすめの就職方法とは
既卒就活サイトおすすめランキング

 問題は、ニートやフリーターという立場の方でしょう。この場合、就職に際して「今まで何でそういう生活をしていたのか」というのが雇用主が聞きたいことです。「プライベートなことには立ち入らないでいただきたい」と言えば答えなくて済みますが、やはりこの質問にはあらかじめ答えを用意しておきたいものです。健康上の理由や身内の不幸等の理由であれば、かっこがつくのではないかと思います。これまでのことは過去ですから、これからの未来に対してのビジョンを提示できればいいでしょう。

 ニートしててゲームばっかりしていたのであれば、そのゲームに関する話題でもいいかもしれません。たとえば、MMOの世界では、経済がいともたやすく崩壊しますが、それは今後の日本社会の暗示とも言えます。などの得た知識をどのように捉える能力があるかを提示するのです。

web analytics